04.17.2021

名刺の文字におすすめのフォントの種類は?

名刺を作る際、どのようなフォントを使えばよいのかご存知ですか?名刺は自分の身分を簡潔かつ明確に表現できる重要なツールだからこそ、明朝体や楷書体、英字ならHelvetica(ヘルベチカ)などフォントの種類を知り、適切に選択しましょう。

日本語の名刺に使用されるフォントとして代表的なものが5つあります。新聞や小説で用いられる明朝体、雑誌やお店のキャッチコピーに用いられるゴシック体、和を表す際に使われる楷書体、楷書体よりもさらに和を強調し筆をイメージさせた行書体、やや丸みを帯びておりカジュアルな雰囲気のあるポップ体の5つです。

英字の場合は、アパレル業界をはじめとしてさまざまな場所で用いられることが多いHelvetica(ヘルベチカ)、Helveticaよりシャープな印象のFutura(フーツラ) 、上記2つよりもやや柔らかく伝統的な印象のあるGaramond(ガラモン) の3つが代表的です。

少し変化を加えるならば、やさしさゴシック、うつくし明朝体オールド、手書き感を表現したあんずもじ、ゴシック体をベースにして、よりスタイリッシュにしたスマートフォントUIなどのフォントもあります。

フォントに種類に加え、文字の太さや丸みを持たせるなど変化させることで相手に与える印象は異なります。具体的には丸くなっていればかわいく、太ければ力強い、細ければ繊細といった感じです。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】

Leave a Reply